人材派遣「間接雇用」

「人材派遣」の場合は、雇用関係と使用関係が別となります。雇用形態や給料関係は派遣元企業の規則に従うことになりますが、派遣先企業の指揮の下で労働することになります。この特有の形態から、「間接雇用」といわれます。

・派遣社員は派遣元企業と雇用契約を結ぶ
・派遣社員は派遣元企業に対して一定の支払いを行う(人件費のマージン)
・派遣元企業は派遣先企業からも報酬をもらう
・派遣社員は派遣先企業の指示・命令に従う(間接雇用)

人材派遣システムとは

人材派遣システムは、「派遣先企業」「派遣元企業」「派遣スタッフ」の3者で成り立っています。 その特徴は、雇用関係と使用関係が分離していることです。実際に仕事をするのは派遣先ということになります。
派遣社員の場合、雇用契約は派遣会社と結び、派遣会社の社員として派遣先企業(一般企業)に派遣されます。
正社員の場合は、就業する企業と雇用契約を結び、その企業の社員として勤務します。
派遣社員の場合は、派遣先企業での就業時間・期間・残業の有無・時給等を選ぶことができます(休日は派遣先企業指定となります)が、賞与は原則としてありません。
また、派遣契約期間の終了後は、希望してもその派遣先企業に継続して就業できるとは限りません

*当社の人材派遣サービスでは様々な企業さまへのコンサルティングを通して得たノウハウを活かし、派遣登録者へ各種研修・サポートを行うことで企業様へは質の高い人材の提供、派遣登録者の方へは安心して働ける・高度な接客スキルを構築できる環境を提供することをコンセプトとしています。

派遣の種類

○一般労働者派遣
登録型アルバイトの人材派遣で、自分のライフスタイルの変化に合わせて仕事ができる働き方です。緊急な人材数確保や短期から長期まで、スタッフもクライアントも状況に合わせての就業が可能です。
○紹介予定派遣
クライアントとの直接雇用を前提に、一定期間「派遣」としてお仕事をした後、スタッフ自身とクライアント様の双方が合意した上で正社員として改めて就業となります。スタッフは、職場環境などを知った上で、クライアントはスタッフのスキルを把握した上での直接雇用となるため、ミスマッチが少なく離職を防ぎます。
○特定 労働者派遣
定期的に業界や経済の動向など、多種多様に研修された意識の高い安定した勤怠の社員を長期的に即戦力としてクライアントに提供します。期間限定ではなく社員雇用となるため、スタッフにとっても安定した雇用条件で、色々なクライアントに勤務することにより経験の幅を広げることができ、キャリアアップすることができます。

 

SITE MAP SP-Linkの情報が一覧でご覧いただけます。

 


Access Map Privacy Policy Site Policy

Copyright © 2010 SP-Link. All Rights Reserved.